ソーラー式灯籠用LED灯火

¥ 11,000 ~ ¥ 14,300 税込

商品コード: AL-102

[商品区分A]

関連カテゴリ

  1. ソーラーシリーズ
  • 必須
数量

灯籠用LED灯火の特長



  • ソーラー発電を使った灯籠用LED光源です。

  • 灯籠(火袋)内に本体を、ソーラーパネルを笠の上に置いて使用

  • 配線工事が不要なので、簡単に設置可能

  • 2色(白、橙)発光によるゆらぎ発光

  • 夕暮れ時に、自動点灯

  • 防水性能IPX2相当

【ご購入前の注意事項】

※延長ケーブルの選択数は、商品1台に対する数量ですので、お間違えのないようご注意ください。
また、延長ケーブルのみのご購入はできませんので、事前に設置場所と陽の当たる場所との距離をご確認の上、必要本数をご選択ください。

お庭の灯籠に手軽に光を入れられます

ソーラー発電を使った灯籠用LED光源

お庭の灯籠を光らせたいと思っていても、配線のための電気工事も必要だし、なかなか手が出せないと思っていませんか?ソーラーパネル付きのLED灯火なら配線不要で、手軽にお庭の灯籠にあかりをともすことができます。乾電池を使っていないため、電池切れによる交換の手間がかかりません。しかも、ソーラー発電なので、電気代もかかりません(※内蔵充電池の寿命は3〜5年です)。

火を使わず、火事の心配なし

ろうそくの灯りは暖かみがあり、心を癒してくれます。とはいえ、毎日、火をつけるのも手間がかかりますし、万が一火事になっては、大変なことになります。その点、本商品は、ソーラー発電でLED発光は火事の心配もなく、わざわざ点灯させずとも、暗くなると勝手に光ってくれます。

白色と橙色の2色発光によるゆらぎ効果

灯籠用LED灯火には、白色LEDと赤色LEDを取り付けており、ゆらゆらと揺らめくように光るので、自然なあかりを感じられます。

日没を検知し、自動点灯

灯籠用LED灯火は、暗くなったことを検知して、自動であかりが点灯・消灯するので、スイッチを入れたり切ったりする必要がありません(通常約6時間連続点灯)。

昼間に充電

ソーラーパネルを太陽光の当たりやすい方向に向けて設置いただければ、2〜4時間程度で充電が完了します(初回)。残電力がある時は、翌日に回し、加充電します。

防水性能IPX2相当

本商品は、IPX2相当の試験を実施しております。防水仕様ではありませんので、常時水のかかる環境や水に浸けてのご使用はできません。
※IPX2:「外郭が鉛直に対して両側に15度以内で傾斜したとき、鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼさない」ことを示します。

別売の延長ケーブル

標準のケーブル長では、ソーラーパネルを太陽光の当たる場所に置くことができない(届かない)場合は、別売の延長ケーブル(1m、税込324円)を合わせてご購入ください。事前に延長ケーブルが必要がどうかなど、設置場所の環境を良くお確かめの上、ご購入ください。延長ケーブル単品での販売はしておりませんので、十分ご注意ください。なお、延長ケーブルは、最大10本までつなげることができます。
本体やソーラー部に付いている50cmまたは20cmのケーブルの長さを変更することはできません。長さが足りない場合は、別売の延長ケーブルをお求めいただきますようお願いします。

取り付け方法

  • 1. 灯火本体を灯籠内(火袋)の平らな面に置く。
  • 2. ソーラー部を充電可能な明るい場所に置く。
  • 3. コネクタをしっかりと差し込む。
  • 4. 転倒や落下の恐れがないか確認する。

ユニット仕様

項目仕様
本体の寸法直径:約8cm 高さ:約10cm
本体の重量約230g
本体のケーブル長約50cm(※別売の延長ケーブルは1m)
発光色白色+橙色
ソーラー部の寸法縦:約10cm 横:約7cm 厚さ:約0.8cm
ソーラー部の重量約70g
ソーラー部のケーブル長約20cm
使用環境温度-10 〜 +35℃
充電池ニッケル水素電池 単4形 3本
充電時間約2〜4時間(初回)※
点灯時間約6時間※
防水性能IPX2相当
※「外郭が鉛直に対して両側に15度以内で傾斜したとき、鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼさない」ことを示します。
  • ※蓄電、放電に対し効率設計していますが、日照条件により差が出ます。

タイマー回路について

 本体内部には点灯時間タイマーが内蔵されています。このタイマーの点灯時間は、昼間の日照時間、陽の強さなどにより異なりますが、通常約6時間程度です(※)。
 本製品が包装された状態ではソーラーパネル部に陽が当たらないため、このタイマーが動作できる状態になっておらず、購入、開封直後は暗くなっても点灯しない場合があります。このタイマーを動作できる状態にするために、本製品を初めて開梱した時は2〜4時間程度、昼光下または明るい場所に放置してください。
 通常の使用状態では、昼間にソーラーパネルに陽が当たることにより、タイマー回路が動作可能な状態になりますので、自動的に点灯(夜間)→消灯(昼間)を繰り返します。
 ※本タイマーはソーラーパネルへの日照条件、内部電池の充電状態により異なります。

保証について

保証は、購入日から1年間です。
 詳しくは「保証について」をご覧ください(メーカーのページに移動します)。